理化学研究所統合生命医科学研究センター 茂呂和世 チームリーダー

 免疫反応と言えば、B細胞やT細胞が関わって抗原抗体反応が起きる「獲得免疫」がよく知られているが、近年は、生体にもともと備わる「自然免疫」の機構が急速に明らかになってきた。自然免疫に関わるリンパ球の存在が次々と発見されており、自然リンパ球(Innate lymphoid cells:ILC)と呼ばれている。ILCは、産生するサイトカインの産生能によって、ILC1、ILC2、ILC3に分類されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)