東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 岩崎渉 准教授

 「多様な生命現象をなるべく複雑なまま解釈しようとする試みではないか。矛盾した言い方かもしれないが」。東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻准教授の岩崎渉は、バイオインフォマティクスを、そう解説する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)