若手研究者の肖像(第28回)

京都大学白眉センター 堀江真行 特定准教授

哺乳類にあるウイルスの“化石”を発見、今後はその機能の解析に取り組む
(2017.08.07 00:33)1pt
2017年08月07日号
山崎大作

 哺乳類のゲノムの中にウイルスの“痕跡”を探す――そんな研究を手掛ける堀江真行は、哺乳類のDNA中にRNAウイルスであるボルナウイルスの遺伝子の痕跡を確認。さらにウイルスのRNAがどのようにして逆転写されたかを実験で検証してNature誌に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧