若手研究者の肖像(第27回)

北海道大学高等教育推進機構新渡戸スクール 繁富(栗林)香織 特任准教授

折り紙工学をライフサイエンスに応用、細胞を「折り」、立体構造の作製に挑戦
(2017.07.10 00:33)1pt
2017年07月10日号
高橋厚妃

 「折り紙工学」という学問分野をご存じだろうか――。折り紙工学とは、日本の伝統的な遊びである折り紙を科学的に研究し、紙以外にも金属など様々な素材の折り畳み方をシュミレーションし、従来には無い立体構造を作成したり、物性をより頑丈にしたり、小型化したりと、様々な産業に応用しようという学問だ。2000年に提唱され、宇宙産業や自動車産業への応用を目指した研究が進んできた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧