神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 西田敬二 教授

 2016年8月、神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科教授の西田敬二らの研究グループは、新しいゲノム編集(一塩基編集)の基盤技術である「Target-AID」を開発したとScience誌オンライン版に発表した。Target-AIDは、ヌクレアーゼ活性を除去した核酸分解酵素に、シトシン(C)をウラシル(U)に変換する脱アミノ化酵素である活性化誘導型シチジンデアミナーゼ(AID)をリンカーで連結して複合体を作成。標的の配列を認識するガイドRNAが標的配列(DNA)を一本鎖に解離させ、複合体のシチジンデアミナーゼが、解離した標的配列に作用してCをUに変換。本来はRNAにしかない塩基であるUは、DNAにしかない塩基であるチミン(T)と酷似しており、DNAが複製される際、塩基除去修復によって最終的にTとなる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)