若手研究者の肖像(第25回)

理化学研究所イノベーション推進センター 村川泰裕 ユニットリーダー

学生時代から最新のバイオ技術を追求、エンハンサーを同定する技術を開発
(2017.05.15 00:33)1pt
2017年05月15日号
高橋厚妃

 研究者にとって、著名な科学雑誌に論文が掲載されるのは簡単なことではない。まして学生だったら…?理研のユニットリーダーを務める村川泰裕は、京都大医学部6年生だった2007年、プロテアソーム阻害薬のメカニズムの一部を解明した内容を、癌研究に関する科学雑誌のCancer Research誌に発表した。「京都大といえども、Cancer Research誌に発表できる論文を出せる医学生はめったにいない」と語るのは、村川の恩師である京都大医学研究科放射線遺伝学講座教授の武田俊一だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧