若手研究者の肖像(第36回)

物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 岡本章玄 独立研究者

細菌の発電機構を世界で初めて解明、鉄の腐食菌や細菌叢の研究に応用
(2018.05.14 00:33)1pt
2018年05月14日号
坂田亮太郎

 小さい頃から勉強はできた。だが、中学受験と高校受験はともに第一志望を逃す。二浪して東京大学に合格したものの、「決して順調な人生ではなかった」とは本人の弁だ。それでも32歳で物質・材料研究機構(NIMS)の主任研究員に抜擢されたのだから、研究者としては早咲きの部類に入るといえるだろう。自分の性格を「楽観的」と評する岡本章玄。その半生は、自らの可能性を客観的に分析する眼で切り開いてきた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧