熊本大学大学院生命科学研究部がん生物学分野 山口知也 独立准教授

 日本のアカデミアの研究者は、一般に研究室や研究テーマをあまり変えないと言われる。その中にあって、熊本大学大学院生命科学研究部がん生物学分野独立准教授の山口知也は、大学4年間、修士課程、博士課程、助教・特任講師と、それぞれ異なる研究室に身を置き、基礎から臨床まで様々な研究テーマ、多様な研究手法に触れてきたユニークな研究者だと言えるだろう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)