徳島大学藤井節郎記念医科学センター初期発生研究分野 竹本龍也 助教

 徳島大学藤井節郎記念医科学センター初期発生研究分野の助教の竹本龍也は、哺乳類の胚が分化する過程の分子機構を解明する研究を手掛けている。研究主宰者(PI)になる前の2011年には、マウスの発生過程で、神経系と骨が1つの同じ細胞から発生することを証明し、Nature誌に成果を発表した。「従来は、別々の細胞から発生すると考えられていたため、教科書を覆す発見だった」と大阪大学大学院生命機能研究科の元教授で、竹本の恩師である近藤寿人(現京都産業大学客員教授)は語る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)