若手研究者の肖像(第34回)

信州大学学術研究院(農学系) 下里剛士 准教授

オリゴDNAの経口投与の実用化目指す、家畜の飼料などへの応用も
(2018.03.12 00:33)1pt
2018年03月12日号
山崎大作

 20塩基、あるいはそれよりも短いCpGオリゴDNA(ODN)は、免疫を抑制したり増強したりする機能を有し、免疫機能を引き起こすアジュバントの他、抗癌剤や創傷治癒薬などに使える可能性があると注目されている。ただ、胃液や消化酵素の影響を受けやすいため、腹腔内や皮下、静脈などへ投与する注射剤の研究が先行しているのが実情だ。そのODNを、ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)を用いて経口剤などで実用化することを目指しているのが、信州大学学術研究院(農学系)准教授で菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター長の下里剛士だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧