甲南大学理工学部生物学科 久原篤 准教授

 中枢神経系は、製薬企業だけではなくアカデミアの研究者にとっても未解明なことが多く関心が高い分野だが、ヒトの神経回路は複雑で解析しにくい。そのため、簡単な神経回路を持つ線虫(C. elegans)を用いて、感覚と記憶学習に関する神経回路のメカニズムを解明する研究を手掛けているのが甲南大学理工学部准教授の久原篤だ。久原は、大学院生だった2002年、線虫の温度感知や記憶を司る感覚ニューロンの感度の調節に、カルシウム依存性フォスファターゼであるカルシニューリンが関与することを解明し、その成果をNeuron誌に発表して注目を浴びた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)