片頭痛治療薬

 片頭痛は、その名称の通り、頭の片側が痛むことに由来するが、実際には4割近くの患者が両側性の頭痛を経験する。その症状の特徴は、こめかみから側頭部にかけてズキンズキンと脈打つ「拍動性頭痛」が生じ、この発作が1カ月に1回から2回繰り返される。光や音、においなどに敏感になることもあり、また、悪心・嘔吐を伴うこともある。また、視野にキラキラした光、ギザギザの光(閃輝暗点=せんきあんてん)などがちらつく前兆が3割の患者に表れる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)