パイプライン研究

筋萎縮性側索硬化症治療薬

田辺三菱製薬がラジカル捕捉薬で承認取得、アステラス製薬は治療候補導入に積極的
(2017.12.04 00:34)1pt
2017年12月04日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)は主に中年以降に発症する全身の運動神経が侵される疾患である。米国では野球のメジャーリーグの人気選手であったLou Gehrigが罹患したことから別名「ルー・ゲーリッグ病」とも呼ばれる。ALSは1869年に、フランスの脳神経内科医Jean-Martin Charcotによって報告された。Charcotは、運動がしにくくなって筋肉が痩せてくる患者の中で、運動に関係する脊髄部位に限り病理的な変化を認めた症例にその病名を付けた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧