パイプライン研究

前立腺癌治療薬

去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)治療に焦点、既存薬の適応拡大や新薬の登場が続く
(2018.12.03 00:35)1pt
2018年12月03日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 前立腺は男性にだけある臓器で、精液の一部を作っている。骨盤を形成する骨の1つである恥骨の裏側に位置し、栗の実のような形をしている。前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することによって発生する癌が、前立腺癌である。前立腺癌は周囲の正常組織や器官を破壊して増殖し、他の臓器に広がり、腫瘤を形成する。前立腺癌は、リンパ節と骨に転移しやすいという特徴を持っている。しかし、なぜ、正常細胞が癌化するのかについては十分に解明されていない。発症頻度には人種差が存在し、米国黒人で最も頻度が高く、次に白人が高い。日本人の罹患率は、欧米諸国および米国の日系移民よりも低い。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧