便秘(constipation)とは、便の排泄が困難になっている状態の総称だ。ただし日本内科学会は「3日以上排便が無い状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」と定義しており、日本消化器病学会は「排便困難や腹部膨満感など症状を伴う便通異常」を便秘症と定義。欧米では、ROME基準に基づき臨床的には異常を認めない機能性便秘を症状とし、過敏性腸症候群は除外するという基準を採用するなど、統一されていない(表1)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)