パイプライン研究

便秘症治療薬

国内企業の創製品が上市、新しい作用機序の薬剤も複数開発
(2017.11.06 00:34)1pt
2017年11月06日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 便秘(constipation)とは、便の排泄が困難になっている状態の総称だ。ただし日本内科学会は「3日以上排便が無い状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」と定義しており、日本消化器病学会は「排便困難や腹部膨満感など症状を伴う便通異常」を便秘症と定義。欧米では、ROME基準に基づき臨床的には異常を認めない機能性便秘を症状とし、過敏性腸症候群は除外するという基準を採用するなど、統一されていない(表1)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧