パイプライン研究

腎性貧血治療薬

ノーベル賞の研究成果から新薬続々と、ESA製剤との激しい競合が始まる見込み
(2019.11.04 00:34)1pt
2019年11月04日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 全身の細胞の生存・代謝に必要な酸素の運搬は赤血球内にあるヘモグロビン(hemoglobin)が担っている。ヘモグロビンは、2価の鉄イオン(Fe2+)を中心に持つヘムとグロビンから成る単体が四量体の構造を取っている。このヘモグロビンあるいは赤血球の量が正常より少なくなった状態を貧血という。貧血になると、組織に酸素が十分に供給できなくなるために、頭痛やめまいなどが起こる。さらには酸素欠乏状態を補うために心拍出量や心拍数が増加するなど多くの症状をもたらす。貧血の原因疾患は多く、血液疾患または血液疾患以外の基礎疾患によって起きる二次貧血に大別される。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧