肝臓がん治療薬

 肝臓に発生する悪性腫瘍の総称が肝臓がんである。肝臓がんは、肝臓にできた「原発性肝臓がん」と別の臓器から転移した「転移性肝臓がん」に大別される。原発性肝臓がんは、肝臓の細胞ががんになる「肝細胞がん」と、胆汁を十二指腸に流す胆管の細胞ががんになる「胆管細胞がん」が大部分を占めており、前者の割合は90%以上とされる。その他には、小児の肝臓がんである肝細胞芽腫、成人での肝細胞・胆管細胞混合がん、未分化がん、胆管嚢胞腺がん、カルチノイド腫瘍などがある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)