肝性脳症(Hepatic encephalopathy)とは、腸管の中で生産されたアンモニアなどの毒性物質が肝臓で解毒されずに、脳に伝わることで生じる意識障害である。別名を肝性昏睡(Hepatic coma)とも言う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)