糖尿病腎症治療薬

 糖尿病合併症の糖尿病腎症(Diabetic Nephropathy)は、慢性腎不全に進行して人工透析が必要になることが多い。日本透析医学会の「慢性透析患者に関する集計」によると、2019年末の日本の慢性透析患者数は34万4640人で、増加傾向にある。2019年に維持透析を新たに導入した患者は4万885人(前年から417人増)だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)