自己免疫疾患のうち、関節リウマチの患者数が最も多い。世界保健機関(WHO)は、その有病率は0.3%から1%、女性に多い疾患と報告している。欧米では人口の約1%。国内の有病率は欧米よりも低く0.4%から0.5%とされ、全国では60万人から70万人の患者がおり、年間1万5000人が新たに発病するとの報告がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)