前立腺がん治療薬

 前立腺がんは、精液の一部を作っている前立腺の細胞ががん化したもので、周囲の正常組織や器官を破壊して増殖し、他の臓器に広がり腫瘤を形成する。特にリンパ節と骨に転移しやすい。しかし、がん化の機構については十分に解明されていない。前立腺がんの発症頻度には人種差が存在し、米国黒人で最も頻度が高く、次に白人が高い。日本人の罹患率は、欧米諸国および米国の日系移民よりも低い。前立腺がんの確立したリスク要因として、年齢、人種、前立腺がん家族歴が挙げられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)