膀胱がん治療薬

 膀胱がんは膀胱の表面を覆う移行上皮ががん化して起きることが多い。90%以上が尿路上皮がんであり、扁平上皮がん、腺がんがそれに続く。病理学的には、膀胱の内腔に向かって突出する乳頭がん、突出しない非乳頭がん、膀胱粘膜壁に沿ってがん細胞が存在している上皮内がんに分類される。非乳頭がんは壁外の組織へ浸潤しやすく、また転移しやすい。上皮内がんは無治療でいると浸潤性のがんに移行する。膀胱がんでは、血尿など症状が出やすいため早期での発見率が高く、また悪性度の低い乳頭がんの割合が多いため、比較的死亡率の低いがんとなっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)