出血を止めるには、血管、血小板、血液凝固因子の3つの要素が不可欠である。このうち、血液凝固因子に障害がある場合を血友病(Haemophilia)と呼ぶ。血液凝固第VIII因子に障害であれば血友病A、血液凝固第IX因子の障害であれば血友病Bである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)