胃がん治療薬

 胃がんは、粘膜内の分泌細胞や分泌物を胃の中に導く導管の細胞から発生する。進行すると胃壁中に入り込み、胃全体を包む漿膜の外に出て、他の臓器に浸潤する。組織型のほとんどが腺がんであり、分化度に応じて分化型と未分化型に大別される。組織型と分化度によって治療方針が決定されることになる。特殊な胃がんとして、胃壁の中を広がるように浸潤するスキルス胃がんがある。胃の粘膜へがんが突出することが少ないため進行した状態で見つかることが多く、治療が困難な胃がんとされる。胃がんの8割はヘリコバクター・ピロリ菌感染が原因とされ、その除菌方法が浸透したこともあり、死亡者数は減少傾向にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)