全身性エリテマトーデス治療薬、抗I型インターフェロン受容体1抗体が国内で発売

 全身性エリテマトーデス(SLE)の患者数は自己免疫疾患の中では比較的多く、世界で500万人と推定される。国内では指定難病となっている。米国で2011年に発売された「ベンリスタ」はブロックバスターに成長した。さらに期待の新薬として、Ⅰ型IFN抗体「サフネロー」も日米欧で承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)