パイプライン研究

大腸癌治療薬

大鵬薬品のロンサーフが急拡大、融合蛋白質医薬が国内でも承認へ
(2017.04.10 00:34)1pt
2017年04月10日号
伊藤勝彦

 大腸癌のうち、若年者に発症する大腸癌は、家族や血縁者の中に多発する傾向があり、遺伝的要因が示唆され、大腸癌の約1割を占める。一方、高齢者における大腸癌の発生には環境的因子の関与が大きいと報告されている。近年、日本人の大腸癌の発症率は米国の日系移民や欧米白人と変わらないようだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧