パイプライン研究

骨粗鬆症治療薬、新規機序の抗体医薬が世界に先駆けて承認

ただし新薬パイプラインは枯渇
(2019.04.08 00:34)1pt
2019年04月08日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 国内患者はおよそ44万人、潜在的には1280万人いると推定される。ビスホスホネート製剤に続き副甲状腺ホルモン製剤に後発品が登場し、市場は大きく変化しつつある。Wntシグナルの調節に関わるスクレロスチンに対する抗体が世界に先駆けて国内で発売となった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧