国内患者はおよそ44万人、潜在的には1280万人いると推定される。ビスホスホネート製剤に続き副甲状腺ホルモン製剤に後発品が登場し、市場は大きく変化しつつある。Wntシグナルの調節に関わるスクレロスチンに対する抗体が世界に先駆けて国内で発売となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)