国内の2014年の受診患者数は45万6000人。小児の有病率は10%を超える。PDE4阻害薬の軟膏製剤に続き、抗体医薬も承認され、久々の新薬ラッシュとなった。経口剤として開発されているJAK阻害薬の臨床試験の好結果も相次いでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)