血友病は血液凝固因子の欠損や低活性が原因で、血が固まりにくくなる疾患だ。血液凝固第VIII因子の障害で起きるのが血友病A、第IX因子の障害で起きるのが血友病Bである。主な症状は関節内出血や筋肉内出血で、治療が不十分だと血友病性関節症などの機能障害を引き起こす。頭蓋内出血が起きれば生命に関わる。多くは遺伝だが、3割程度は突然変異で発症するとされる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)