パイプライン研究

乳がん治療薬

注目の第一三共のADCが米国で誕生、Fc領域改変抗HER2抗体は米国で申請
(2020.02.17 00:33)1pt
2020年02月17日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 世界保健機関(WHO)の研究機関である国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer:IARC)が発表した「GLOBOCAN 2018 (http://gco.iarc.fr/)」によると、2018年の全世界での乳がんの推定死亡者数は62万6679人であった。がんによる死亡者数全体の6.4%を占め順位は5位となった。2018年には208万8849人が新たに乳がんの患者となり、その割合は全体の11.6%、罹患者数では肺がんに続き2位になると予想している。罹患率の国際比較では、東アジアよりも欧米、特に米国白人が高く、米国の日本人移民は日本国内在住者よりも高い傾向にある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧