パイプライン研究

パーキンソン病治療薬

(2018.02.12 00:35)1pt
2018年02月12日号
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 パーキンソン病(Parkinson’s Disease)は、アルツハイマー病と並ぶ代表的な中枢神経変性疾患である。若年性パーキンソン病を除いて、一般的には中年以降に発症し、ゆっくりと進行する。厚生労働省が2015年12月に公表した「平成26年患者調査」によると、国内の患者数は男性6万2000人、女性10万1000人の合計16万3000人。加齢と発症率には高い相関があり、2014年の国内統計でも65歳以上の患者数が13万8000人と全体の85%を占めている。運動障害が特徴として知られているが、4分の1もの患者に認知症が発症する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧