パイプライン研究

膀胱癌治療薬

抗PD-L1抗体のアテゾリズマブが米国で承認、HER2陽性癌に対して抗HER2薬の検証進む
(2017.01.16 00:34)1pt
2017年01月16日号
伊藤勝彦

 腎細胞癌ではマルチキナーゼ阻害薬やmTOR阻害薬などの新薬が登場している。それに対し、同じ泌尿器系に分類される膀胱癌に対する新薬開発は遅れているのが現状だ。世界保健機関(WHO)が実施した2012GLOBOCANプロジェクトのデータベース(http://globocan.iarc.fr/)によると、2012年における全世界での膀胱癌の発症患者数は42万9793人(男性:33万380人、女性:9万9413人)、死亡者数については、16万5084人(男性:12万3051人、女性:4万2033人)と報告されている。腎臓癌の発症患者数33万7860人、死亡患者数14万3406人という数値と比較すると、膀胱癌は腎臓癌よりも発症患者、死亡患者共に多いのに治療薬開発が遅れてきたことが見て取れる。



【170116訂正】「膀胱癌関連の治験登録状況」の表中で、「膀胱癌関連の治験の比率」の数値が誤っていました。お詫びして訂正します。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧