機能性食材研究(第36回)

ラッカセイ(落花生)

(2016.12.05 00:35)1pt
2016年12月05日号
河田孝雄

 「機能性食材研究」連載の第36回では、千葉県の特産品として知られ秋が収穫期のラッカセイを取り上げる。ラッカセイの子実(豆)である落花生は、ピーナッツとも呼ばれるが、ナッツ類ではなく豆類。地下の莢実を収穫する。この莢実は、地上部に咲く黄色の花の基部から子房柄が伸びて地中に侵入し、先端が肥大したものだ。1つの莢には豆が2つ入っていることから、11月11日はピーナッツの日とされる。全国落花生協会が1985年に制定した。11月は国産の新豆が出回る時期でもある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧