機能性食材研究(第45回)

オウトウ(サクランボ)

(2017.09.11 00:35)1pt
2017年09月11日号
河田孝雄

 初夏が旬の果実、サクランボが実る樹木であるオウトウ(桜桃)を取り上げる。オウトウは、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹で、ミザクラ(実桜)とも呼ばれる。ソメイヨシノのような花を観賞する品種のサクラも、バラ科サクラ属サクラ亜属だが、実は大きくならない。

 オウトウの果実であるサクランボは、有史以前から食されてきた。イラン北部から欧州西部に野生していた甘果桜桃(セイヨウミザクラ)が代表とされる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧