コンブ(昆布)

 連載の第57回ではコンブ(昆布)を取り上げる。出汁(だし)の素(もと)であり、佃煮や昆布巻などにして食される。日本産コンブの9割超が北海道産。栄養塩に富んだ寒流の親潮が到達する北海道や東北地方太平洋側の海岸近くに自生し、海の恵みとして利用されてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)