ムギ:ゲノム編集で青汁原料オオムギの生産性が17倍に

 オオムギの子実(大麦)は、βグルカンなどの食物繊維が豊富で、生活習慣病対策に多機能を発揮する。穀物事業を手掛けるはくばくが機能性表示食品の大麦事業を拡大する一方で、大塚製薬は機能性表示食品として展開する「大麦生活」の販売を終了すると発表した。オオムギ若葉は食物繊維が豊富で青汁の原料に使われ、農研機構はゲノム編集育種技術を用いてオオムギ若葉のバイオマス量を17倍に高めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)