ジュンサイ

 スイレン科の多年生水草。学名はBrasenia schreberi。湧水が流れ込む水深1mほどの沼に自生する。寒天に似た透明な粘質物が多い若葉や葉柄(葉と茎をつなぐ小さな柄)が、高級食材として酢の物などに用いられる。日本産ジュンサイの9割を供給する秋田県三種(みたね)町では、鍋の食材としても人気。旬は5月から8月上旬だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)