機能性食材研究(43回)

ジュンサイ

(2017.07.10 00:35)1pt
2017年07月10日号
河田孝雄

 スイレン科の多年生水草。学名はBrasenia schreberi。湧水が流れ込む水深1mほどの沼に自生する。寒天に似た透明な粘質物が多い若葉や葉柄(葉と茎をつなぐ小さな柄)が、高級食材として酢の物などに用いられる。日本産ジュンサイの9割を供給する秋田県三種(みたね)町では、鍋の食材としても人気。旬は5月から8月上旬だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧