機能性表示食品は市場規模が3000億円超に、「免疫」表示はまだ1成分

 2015年4月1日にスタートした機能性表示食品制度は8年目に突入した。届出総数は毎年右肩上がりで増加し、既に5000件を超えた。市場も3000億円を超え順調に拡大中だ。一方で、増加する届出に対して行政側での対応が追いつかず、また表示内容に対する規制関連法規の不透明さが業界で問題視されるなど制度面の課題があり、解決するための試行錯誤が現在も続けられている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)