タケノコ(筍)

 日本で春の味覚を代表するタケノコ(筍)は、イネ科植物であるタケ類の地下茎(根茎)から発生した若芽(若茎)。タケ類は日本を含む東アジアや東南アジアに多く、南米やオーストラリア、南アフリカにも分布している。日本の他、中国やインドなどアジア地域で食用にされることが多い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)