機能性食材研究(第40回)

ベニズワイガニ

(2017.04.10 00:35)1pt
2017年04月10日号
河田孝雄

 機能性食材研究の第40回では、カニの仲間の中から、ベニズワイガニを取り上げる。カニは塩ゆで、刺し身、焼き物、鍋料理などに利用される高級水産物で、水産業や観光業の資源として重要。日本近海には1000種ほどのカニが生息していると推定されているが、そのうち食用として利用されている種類は限られている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧