ニラ(韮)

 機能性食材研究の連載の第51回では、一番の旬が春であるネギ属植物のニラを取り上げる。学名はAllium tuberosum Rottler ex Sprengで、英名はchinese chive。原産地は中国西部から東アジアの地域と考えられ、ニラを食用とする地域は日本や中国、韓国などに限られるようだ。日本へは中国から伝来したといわれる。「古事記」や平安時代の「本草和名」にニラとみられる記載がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)