アスパラガス

 連載「機能性食材研究」の第39回では、春から初夏に旬を迎えるアスパラガスを取り上げる。アスパラガス(Asparagus spp.)は、被子植物の中の単子葉植物に属する宿根性の多年生草本植物。食材となる栽培作物はA.officinalis。原産は南欧からロシア南部にかけての半砂漠的地帯とされる。日本へは、江戸時代に観賞用として輸入されたのが始まりで、その後、大正に入り1923年に北海道岩内町で食用品種の栽培が始まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)