拡大する再生医療等製品の受託ビジネス

 今号の特集は、「再生医療向けの細胞の受託製造」の話題を取り上げた(4ページ)。2014年に医薬品医療機器等法(薬機法)と再生医療等安全性確保法(再生医療新法)が施行され、「再生医療元年」といわれたが、それ以降、再生医療等製品の開発に乗り出すアカデミアやベンチャー、製薬企業などが増えて、その受託製造の市場も着実に伸びているようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)