「薬屋の発想」に限界は無い、と信じたい

 驚いた方も多かったのではないでしょうか。三菱ケミカルホールディングス(HD)は2019年11月18日、田辺三菱製薬を完全子会社化するため株式の公開買い付けを開始すると発表しました。会見で越智仁社長は、今回の話は三菱ケミカルHDから田辺三菱側に打診したのがきっかけだったと説明しました。買い付け総額は4918億円というのですから、売上収益が4兆円近い三菱ケミカルHDにとっても大きな決断だったはずです。同時に、提案を受け入れた田辺三菱側にも、非常に強い危機感があったのだろうと私は考えています。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)