本庶先生はカネに執着していたわけではない

 「オプジーボ」(ニボルマブ)をめぐる小野薬品工業と本庶佑氏(京都大学高等研究院特別教授)の訴訟が、2021年11月12日に全面解決となりました。両者に対して大阪地方裁判所が和解を勧めていたわけですが、読者の皆さんはどのようにお感じになったでしょうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)