イノベーションに水差した薬価引き下げ問題

 Donald Trump候補が米大統領選挙で勝利したことは、医薬品やバイオ業界にどのように影響するのか。Trump氏の政策を示したウェブサイトには、Affordable Care Act(オバマケア)の撤廃や、米食品医薬品局(FDA)の改革、メディケアの近代化、メディケイドの柔軟運用などの文字が並ぶが、具体的に何をしようとしているのかはまだよく見えてこない。大統領選直後、薬価の高騰に対する規制強化を訴えていたHillary Clinton氏が敗北したことなどから医薬品やバイオ株が上昇したが、かといってTrump氏も高額薬価を問題視していないわけでもないようだ。まだ具体的な政策が不透明な段階での現地での読み筋を、米国に在住する米MPM Capital社の布施紳一郎氏に、「World Trend米国」に寄稿いただいた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)