編集長の目

イノベーションに水差した薬価引き下げ問題

(2016.11.21 00:30)1pt
2016年11月21日号
橋本宗明

 Donald Trump候補が米大統領選挙で勝利したことは、医薬品やバイオ業界にどのように影響するのか。Trump氏の政策を示したウェブサイトには、Affordable Care Act(オバマケア)の撤廃や、米食品医薬品局(FDA)の改革、メディケアの近代化、メディケイドの柔軟運用などの文字が並ぶが、具体的に何をしようとしているのかはまだよく見えてこない。大統領選直後、薬価の高騰に対する規制強化を訴えていたHillary Clinton氏が敗北したことなどから医薬品やバイオ株が上昇したが、かといってTrump氏も高額薬価を問題視していないわけでもないようだ。まだ具体的な政策が不透明な段階での現地での読み筋を、米国に在住する米MPM Capital社の布施紳一郎氏に、「World Trend米国」に寄稿いただいた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

編集長の目のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧