日本独自株でインフルワクチンを作る意義は?

 今シーズンの季節性インフルエンザワクチンの製造予定量が昨シーズンの使用量を大幅に下回っていることから、厚生労働省は13歳以上の者がワクチン接種を受ける際に、医師が特に必要と認める場合を除き、接種回数を原則1回にすることを求める通知を発出した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)