総選挙の争点は「コロナ対策」のはずなのに…

 この「静けさ」をどのように受け止めればいいのか。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染確認者数は、2021年10月18日に全国合計でも232人となりました(東京都は29人)。直近のピークであった8月20日には2万5868人だったので、わずか2カ月で100分の1以下に減った計算となります。感染者数が減ったことは誠に素晴らしいことなのですが、リバウンドを恐れてもろ手を挙げて喜べないのです。あれほど猛威を振るったデルタ株(インド型)は、どこに行ってしまったのでしょうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)