ICTが変える医薬品R&Dと製薬ビジネス

 今号の特集は、情報通信技術(ICT)が医薬品の研究開発の現場を大きく変えつつある状況を捉えたリポート。このところ、IoT(モノのインターネット化)や人工知能(AI)、ビッグデータといったキーワードがあらゆるところにあふれているが、医薬品の研究開発現場も例外ではない。特集では基礎的な研究から、化合物の絞り込み、臨床試験のデザインの検討、被験者のモニタリングなど、様々な場面でAIやビッグデータ、モバイルデバイスなどを活用している事例を通して、医薬品R&Dが変わりつつある状況をまとめた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)